NST-栄養サポートチーム

NST(栄養サポートチーム)

NSTとは

NSTとはNutrition Support Team(栄養サポートチーム)の略語です。同じ病気を持った人でも20歳と80歳では必要な栄養が異なりますし、その人の病状や活動度によっても違ってきます。

栄養管理を個々の病気や治療に応じて適切に実施することをNutrition Support(栄養サポート)といいます。

日本静脈経腸栄養学会認定医師を中心とする医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師などの専門職や事務職が一つになり、各々の専門的な知識や技術を生かして患者様に適切な栄養管理を行い実践するチームがNSTです。

NST
NST
NST

NSTの役割

    • 入院された全患者様の食事状態、身長、体重、検査データなどから栄養状態を評価し、栄養管理が必要かどうかを判定します。
    • 栄養管理が必要な患者様にNST会議や回診を通して、食事や点滴等の内容や方法を検討し栄養状態の改善や低栄養状態予防を行います。各患者様の最もふさわしい栄養管理法を指導・提言します。
    • 適切な栄養管理が施行されているかどうかのチェックを行い、栄養管理に伴う合併症を予防・早期発見・治療します。
    • 栄養管理上の疑問に答えます。(コンサルテーション)
    • 早期発見や社会復帰を助け、QOL(生活の質)を向上させます。

新しい知識の啓発をします。

栄養科 部署紹介

栄養科理念

患者様の栄養管理の充実を図り、安心・安全でおいしい治療食の提供に努めます。

栄養情報の提供を積極的に行います。

栄養管理・給食管理の両面から医療サービスの提供を行います。

食事

川西内科胃腸科病院の食事は治療の一環として、入院患者一人一人の病態に合わせた食事の提供を、また、咀嚼や嚥下機能に不安のある方に合わせた食事形態にも対応しております。

治療の一環とはいえ、入院生活に少しでも楽しみや満足感を感じていただけるよう、日々思いやりを持って、温かみのある食事となるよう心がけております。

季節の食材を使用した行事食なども取り入れ、食事を通して患者様の入院生活のサポートをしています。

個人栄養指導・栄養相談

入院・外来患者様へ医師の指示のもと、管理栄養士が食事療法や食習慣改善についての栄養食事相談を行っております。

月曜日~金曜日(平日)午前9:00~11:00 午後2:00~4:00(お一人、20分程度)

予約制となっておりますので、まずは医師にご相談ください。食生活に関する不安や疑問などのご相談もお気軽にお声かけください。