看護部の紹介

川西内科胃腸科病院の看護部紹介

看護部挨拶

「温情ある」診療とともに、優しさと思いやりあふれる看護の提供を第一に心がけております。50年以上地域医療を行ってきた歴史の重さを心にとめ、当院に根付いた家庭的な温かい雰囲気を大切にしていきたいと思います。 看護は、常に進歩する学問であり、技術です。専門職として研鑽をつみ、看護ケアの質の向上を目指して努力していきたいと考えています。

看護部長 村上 佳世

看護部理念 「品格ある看護の提供」

  • 看護師としての誇りを持ち、やさしさと、思いやりあふれるケアを提供します。

基本方針 「看護の品格を構成する6つの柱」

1.病院理念である「温情拭萬病」に沿った、優しい笑顔で患者様と向き合い気づきと思いやりを大切にした温かい看護の提供に努めます

2.専門職として科学的根拠に基づく質の高い看護の提供を行い、安全で安心して療養できる環境づくりを行います。

3.看護職としての倫理観を持ち、誠意ある丁寧な看護を実践します。

4.地域のニーズと地域における自施設の役割を認識し、地域住民であるひとりひとりの患者様の生活背景を考慮したケアの提供を行います。

5.病院組織の一員として病院運営に参画し、チーム医療の推進を行います。

6.看護師として誇りをもち、専門的知識や技術の向上のために自己研鑽できる職場づくりを行います。

看護体制

看護単位:
病棟3単位(病棟2単位、外来1単位)
病床数:
85床(一般急性期病棟40床、障害者施設等一般病棟45床)
看護基準:
一般急性期病棟(40床)    地域一般入院料1
障害者施設等一般病棟(45床) 10対1入院基本料
勤務:
2交代勤務
看護方式:
機能別看護+チームナーシング
看護記録:
フォーカスチャーティング方式

看護部委員会



※クリック拡大表示

部署紹介

外来

当院外来診療科目は、内科・胃腸内科・消化器内科・内視鏡内科・緩和ケア内科があります。 私達外来スタッフは、通常診療の介助、採血、点滴、検査予約、検査説明、内視鏡検査の介助などを、患者さん一人一人に誠意を持って優しく接し、思いやりのある丁寧な対応を心掛けています。 また、待ち時間にも配慮し、細やかな声かけを行い、患者さんとのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を深められるよう対応しています。 私達は今後も、病院理念「温情拭萬病」のもとに、知識や技術・心を持って、地域の皆様に安心して受診していただけるよう努めていきたいと思います。

2F 45床:障害者施設等一般病棟

当院理念の「温情拭萬病」を原点とし、地域の皆様のお役に立てる病院として信頼される医療・介護の提供に努めてまいります。障害を抱えた患者さんやターミナルケアの必要な患者さんを中心に看護を行っております。※一般の患者さんも入院可能な病棟です。また、患者さんやご家族の思いに寄り添い、不安や心配が少しでも軽減するよう心掛けて看護しております。どうぞお気軽に声をかけて下さい。

3F 40床:一般病棟

入院患者さんは、急性期の重症患者さん、認知症をかかえたリハビリテーションの患者さん、中には、終末期を迎える患者さんもおられます。安全を最重視した看護を提供すべく、カンファレンスを行いながら、スタッフ一同力を合わせ、笑顔でチーム医療に取り組んでいます。